2018年02月23日

神が与えた「再チャレンジ」・活かせ一糸乱れぬ隊列と笑顔でメダルを!!






日本は英国に敗れ、今度こそはとスイスとの大一番に臨んだ。残念ながらミスが目立ち4−8と勝利とはならなかったが女神がほほ笑んだのかアメリカが敗れたためLS北見は4位となり、男女を通じて初の準決勝進出を決めた。




LS北見の粘り強さは何処からくるのだろうか。「カーリングを楽しんでいる余裕がある。この人たちには勝てない。」と2011年バンクーバ大会での本橋麻里選手の経験が活きている。その時の金メダルを獲得したスエーデン選手の姿が強く印象に残っていたからである。

カーリングを続けるにはカーリングを楽しみ笑顔でプレーすることと強く確信するに至ったのだ。
19日スエーデン戦藤沢選手のミスショットを吉田知那美選手が笑って声をかけるなど励まし合って戦っていた光景が思い浮かぶ。そして最終10エンドに相手がミス。大きな1勝が転がり込んだ。


最後のひと踏ん張り、メダルまであと1勝、笑顔を忘れず一丸となって戦えばメダルがほほ笑んでくれるに違いない。カーリング日本に初のメダルをもたらしてくれるLS北見・笑顔でガンバレ!。






posted by hayabusa at 12:59 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]