2018年07月03日

ベスト8目前・アデショナルタイムのこり数十秒で逃がす

サッカーW杯ロシア大会が連日盛り上がっているなか、3日午前3時から我が日本とベルギーが激突した。
FIFAランク3位のベルギーに対し、原口・乾の2ゴールで69分まで2点リードしたがこの後同点を許し、このままPK致し方なしと思いきやFK・CKと連続のチャンスを逃がしカウンターのきっかけとなってしまった。

すでにアデショナルタイムに入りあと数十秒で終わるというところでカウンターを防ぐことが出来ずの敗北となってしまった。
何とも言われない悔しい思いであるが、赤い悪魔と言われるベルギーにここまで善戦し、感動と希望を与えてくれたサムライブルー11によくやったとお礼を言いたい。
posted by hayabusa at 16:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]